岩埼友宏容疑者 冨田真由 刺傷 責任能力あり 東京地検立川支部 殺人未遂 銃刀法違反.jpg

画像は"http://goo.gl/WEJTVT"より。

本年の5月21日に小金井市でライブ会場に到着したシンガーソングライターの大学生 冨田真由さん(20)が刺傷された事件の続報である。
冨田真由さんを駅から尾行し、ライブ会場前で刺傷した無職 岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)の刑事責任能力が疑われていた。
弁護側の要請もあり、東京地検立川支部は8月26日に「責任能力あり」と判断した。

岩埼友宏容疑者は冨田真由さんを、折りたたみナイフなどで何度も刺傷し、殺害しようとしていたと判断されている。
また、ストーカー化して冨田真由さんにつきまとい、ツイッターなどでもトラブルを起こしていた容疑もある。

冨田真由さんは、一時は意識不明の重体と報じられていたが、意識は回復したとのことだが詳細は不明のままである。
岩埼友宏容疑者の犯行が、やはり一般的な常識からすれば、やはり了解不能ということで精神病院に鑑定留置されていたようだ。

結論からすれば、岩埼友宏容疑者は責任能力があったと判断されたようで、東京地検立川支部は殺人未遂と銃刀法違反で起訴したと発表している。

極めて猟奇的なケースであり、警視庁はSNSでの状況などを勘案してストーカー案件に対応するよう、各都道府県警に指示を出したと言われている。
それにしても、困った事例である。