務台俊介内閣府政務官 被災地 水たまり おんぶ 渡る たるんどる!.png

画像は"http://goo.gl/w26QHw"より。

務台俊介内閣府政務官がちょっと信じられない行動に出て、ネット上で『おんぶ視察』で非難ごうごうである。
先日の台風被害で被災した岩手県岩泉町を、務台俊介内閣府政務官が視察したのである。
その際、長靴を着用しておらず、大きな水たまり(画像参照)を通れないため、職員におんぶされて渡ったことが判明したのである。

被災地の被害状況の視察である!
物見遊山の見学ではないのである!
被害状況を、突っ込んで見に行くつもりではないのか!?

今村雅弘復興大臣が9月10日に、改めて岩泉町を視察に訪問し、伊達勝身町長と会談した。
その後、務台俊介内閣府政務官の『おんぶ視察』の話に触れた。

「私からも『何をやってんだ!』と叱責しました。私からもお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした」

を陳謝し、頭を下げた。

場所は、入所者9人が亡くなった老人ホーム「楽ん楽ん(らんらん)」での出来事であった。
視察に来るときは、復興の手伝いに来るくらいのスタンスがあってほしいものである!

-----

(追補)

務台俊介内閣府政務官をおぶっていたのは、随行秘書官とわかった。
それにしても、おんぶはいただけない。

しかも、ホームページの経歴の欄には

元消防庁防災課長・元ロンドン駐在所長

とあり、なおびっくり。
防災の、ある意味プロではなかったのか?
今までも、ことあるごとにおんぶしてもらっていたのだろうか?

< 関連記事 >

務台俊介内閣府政務官が被災地視察で水たまりをおんぶで渡る!
民進党の安住淳国対委員長が被災地革靴を批判。民進も革靴多数!
務台俊介内閣府政務官が『長靴業界儲かった』と失言して陳謝