岩埼友宏容疑者 裁判 裁判員 男性 事件の説明中 倒れる 休廷.png

画像は"https://goo.gl/GNfDcl"より。

いやはや、壮絶な状況だったことが、改めてわかる状況である。
岩埼友宏容疑者の裁判員裁判の初公判で、被害者の傷を検察側が説明したところ、男性裁判員が倒れる事態が起きた。
これにて、裁判は一時休廷するというハプニングに見舞われた。

岩埼友宏 冨田真由 事件の状況 刺傷事件 女子大生 地下 アイドル.jpg


事件としては、一時的に終わったかに見えるが、当事者にとってはなに一つ終わってはいない...
現在は、懸命にリハビリに取り組む毎日の冨田真由さんが岩埼友宏容疑者の裁判で供述調書でそう述べていた。
一時は法廷と別室を映像・音声でつなぎ、証人尋問を受ける準備さえ整っていたのである。

しかし、事件のフラッシュバックというか、悪夢がよみがえる(心的外傷後ストレス障害)などの影響か、取りやめになった。
代わりに供述調書の中で、本人が語ったという形にて、法廷内に冨田さんの考えが示されることになった。

「事件のせいで、顔に傷が残り、女優業は無理だと思う。
 歌だけは奪われたくないと考え、懸命のリハビリの毎日である。
 とにかく悔しくてたまらない」

とにかく、岩埼友宏容疑者には厳罰を、出所したら、今度こそ殺しに来るのではないかと思う。
ずっと刑務所に入れておいてほしい、と供述した。

< 関連記事 >

岩埼友宏容疑者を精神鑑定へ。結婚したかったと供述している...
岩埼友宏容疑者が女性アイドルに『成人雑誌』を手渡していた!
ツイッターをブロックされ殺意を募らせていた?アイドル襲撃事件
冨田真由、刺されつつ自分で110番通報していた。叫び声もあり。
冨田真由を刺傷した犯人は責任能力ありの精神鑑定結果が出た。

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ