So-net無料ブログ作成
検索選択

月別記事一覧

ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。

月別アーカイブ:2016年06月

2016年06月の記事一覧。ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。
小池百合子 舛添要一 後釜 東京都知事出馬 自民 説明なし 無難 オリンピック.png ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/X7w5pE"より。自民・公明の様子を見るに、小池百合子氏はあまり相談なく独断で出馬を決めたような印象である。選挙戦といえば..

記事を読む

原辰徳 女性問題 暴力団 一億円 読売巨人軍 週刊文春 勝訴.jpeg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/GN1hp2"より。読売巨人軍の原辰徳監督(当時)が女性問題関連で、元暴力団員に1億円支払った記事を週刊文春が掲載した。読売..

記事を読む

藤野保史 共産党 製作委員会 委員長 辞任 人を殺す予算.jpg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/mphbJa"より。藤野保史衆議院議員は当選1回のニューフェイス。2016年4月政策委員長に抜擢されたばかりだったのである。..

記事を読む

レーシック手術 ピーク時 手術件数 9分の1に激減.jpg ..

健康関連の話
画像は"http://goo.gl/JfjfKW"より。レーシック手術と言えば、視力に障害がある人にとってはありがたい術式として知られている。しかし、最も多かっ..

記事を読む

リオネル・メッシ アルゼンチン 代表引退 コパ・アメリカ 敗退.jpg ..

スポーツの話
画像は"http://goo.gl/C8u2Fd"より。来るべき時は、早々に訪れた感じである。日本の少年たちにも絶大な人気を誇る、偉大なミッドフィルダー、アルゼ..

記事を読む

高島礼子 離婚 高知東生 7月編成 警察官の役 連続ドラマ 大麻 覚せい剤 不倫.png ..

ゴシップ関連
画像は"http://goo.gl/eA4iSA"より。やはり呆れざるを得ない、高知東生の不倫・大麻・覚せい剤の話。タレントの質としては、残念ながら高島礼子には..

記事を読む

エアロスミス 解散 さよならコンサート ツアーができる? 年取りました.png ..

芸能の話
画像は"http://goo.gl/1Py6cS"より。エアロスミスといえば、アメリカの人気ロックバンドだが、とにかく歴史が古すぎる!ザ・ローリング・ストーンズ..

記事を読む

水素水 ダイエット効果 国立健康・栄養研究所 効果が立証できない.jpg ..

トレンドの話
画像は"http://goo.gl/0MwsxE"より。結論からすれば、俗に言われている「活性酸素を除去する効果がある」「がんの予防効果がある」「ダイエット効果..

記事を読む

東京都議会 リオ五輪 視察団 27人 総額1億円 物見遊山 バカンス旅行 ムダ遣い.jpg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/61845b"より。やはり『舛添体質』が抜けていないようである。都議会がリオ五輪の視察を全会一致で可決したようでまたまた心配..

記事を読む

オレオレ詐欺 特殊詐欺 89歳男性 捜査協力 4回も逮捕に貢献 近く表彰.gif ..

ニュースの話
画像は"http://goo.gl/vZQEPI"より。埼玉県の大宮署は、ホクホク顔かもしれなかった!詐欺未遂で6月21日に『手渡し詐欺』の受け子の男を逮捕して..

記事を読む

小池百合子氏が都知事選出馬も自公は知らないようらしい。

小池百合子 舛添要一 後釜 東京都知事出馬 自民 説明なし 無難 オリンピック.png

画像は"http://goo.gl/X7w5pE"より。

自民・公明の様子を見るに、小池百合子氏はあまり相談なく独断で出馬を決めたような印象である。
選挙戦といえば、聞くに、立候補者が出揃った最後に立候補するのが有利とされているようである。

ところが、小池百合子氏はどうやら先行逃げ切りを図った様子である。
国会議員時代にはあまり目立った業績がなく、しかしスキャンダルなどもあまり聞こえてきていない印象である。
海外の大学(カイロ大学)卒の話は、学歴詐称の話題が出ると、毎度毎度出されるが、覆されそうになったことはない。

どうやら、本物のようである。
小池百合子氏を囲む会では、既に自民党各会派のトップが集結していたようで、'64年東京オリンピックのメダリスト三宅さんなども舞台挨拶。
要するに自民党の上層部では、小池百合子も選択肢の一つ、とされているようではある。

問題なのが、煮え切らない自民党東京都連であり、むしろ自民党上層部のバックアップを期待して打って出たのかもしれなかった。
人選的には、東京都の代表がリオデジャネイロオリンピックの閉会式で、次期開催地のトップということで五輪旗を受けても恥ずかしくはないレベルの人物かと。
既に、小池事務所の葉書が数百枚、政治資金でどうの、とか報道しているマスコミもあるようだが、外向けには小池百合子氏辺りの見栄えがするタレントが要るのでは?

ここのところ、スキャンダル続きであるから、リオデジャネイロオリンピックの現場に行って、大々的なトラブルがあらわになる人は無理ではないか?
ということで、案外無難なところに落ち着く気がするが、反対の人は断然引き離せる人物を挙げてみては?

原辰徳の女性問題が文春側の勝訴で確定。裁判に強い文春のなぜ

原辰徳 女性問題 暴力団 一億円 読売巨人軍 週刊文春 勝訴.jpeg

画像は"http://goo.gl/GN1hp2"より。

読売巨人軍の原辰徳監督(当時)が女性問題関連で、元暴力団員に1億円支払った記事を週刊文春が掲載した。
読売巨人軍が暴力団員とは知らなかったはずとうそをついたと報じた。
ついて読売巨人軍側が文春を訴えた裁判の判決で、東京高裁は6月19日に、1審の東京地裁判決を支持し、巨人側の控訴を棄却した。

暴力団員と知っていながら金を渡した場合は、野球協約違反となるため巨人側が記者会見にて、虚偽の説明をしたと立証できたわけである。
東京高裁の河野清孝裁判長は「記事の主要で重要な部分は真実であると推認できる」とした。

当然のことながら、読売巨人軍の広報部は「事実誤認の甚だしい不当判決だと考える」とコメント。
週刊文春側は「文春の主張が全て認められた正当な判決」と説明した。


この頃、週刊文春がかなり躍動している感じだが、週刊誌メディアはネットに押されて発行部数が減少しておりかなり苦戦を強いられていると言われている。
特に、報道された側の権利が通りやすくなり、名誉毀損などで訴えられるなど、真実報道のハードルが高くなっている懸念もある。

週刊文春はどうやって対応しているのかというと、記事を書く場面から、場合によっては弁護士に入ってもらうことなどもあるらしい。
訴訟リスクは、週刊誌としてはイメージダウンだけでなく、信頼性の低下をも招き、直接的に発行部数に響くことになる。

しょっちゅう裁判が起きれば、面倒なだけでなくコストがかかり、仕事のスピードも落ちることになる。
敗訴しない仕組みを持つことが、信頼されるメディアということで、直接的に部数増加に繋がることになるようだ。

共産党の藤野保史政策委員長が辞任。『人を殺す予算』発言

藤野保史 共産党 製作委員会 委員長 辞任 人を殺す予算.jpg

画像は"http://goo.gl/mphbJa"より。

藤野保史衆議院議員は当選1回のニューフェイス。
2016年4月政策委員長に抜擢されたばかりだったのである。

2016年6月26日のNHKの討論番組で、防衛予算について『人を殺すための予算』と発言。
共産党関係者も「話がつけた火が広がりすぎて収拾できなくなった」と語っていたという。


2016年度の当初予算で防衛費が5兆円を超えたことを受けての発言がやはり問題だった。
「人を殺すための予算ではなく、人を支え育てる予算を優先していく」と発言した。

26日の夕方には共産党広報部を通じ「不適切発言であり取り消す」と文書で撤回した。
しかし、自民・公明両党からの批判の声が上がった。


安倍晋三首相も「自衛隊に対する最大の侮辱」を演説の中で触れた。
公明党の山口那津男代表も6月28日に「血も涙もない共産党に、人の命や財産を任せる訳にはいかない」と演説。
被災地の熊本県や周辺からも、災害時の自衛隊の貢献に対して賛辞、共産党に対する批判も集中していた。

レーシック手術がピーク時の9分の1に激減。その理由は?

レーシック手術 ピーク時 手術件数 9分の1に激減.jpg

画像は"http://goo.gl/JfjfKW"より。

レーシック手術と言えば、視力に障害がある人にとってはありがたい術式として知られている。
しかし、最も多かった平成20年当時は45万件近くあったレーシック手術件数が平成26年には5万件と激減。
その理由はなぜであろうか?

水晶体の『屈折異常』に伴う視覚の異常をきたす病気に、遠視、禁止、乱視などがある。
いずれも眼球の奥にある、網膜にピントを合わすことが出来ないために画像がぼやける症状が出現する。
これを手術的に治療しようという画期的な手術がレーシック手術である。

レーザー光線を用いて眼球の屈折を矯正する手術であり、手術はそれほど技術を要するものではなく15分で終了する。
眼科の手術としては既に確立された術式であり、問題はなさそうなのである。
それなら、レーシック手術が平成20年のピークを過ぎた辺りから激減し始めた理由はなんだろうか?

平成20年頃に、不適切な消毒処置を怠ったため、角膜感染症被害があり、病院長が業務上過失過失傷害で禁固2年になった事件も遠因かもしれない。
それより問題なのが費用について。
片目で十数万円から30万円かかる費用がネックになっている可能性が高いという。

また、メガネ女子など、メガネ着用がファッションになったりしている世情もあるようだ。

メッシがアルゼンチン代表引退表明。コパアメリカ敗退を受けて

リオネル・メッシ アルゼンチン 代表引退 コパ・アメリカ 敗退.jpg

画像は"http://goo.gl/C8u2Fd"より。

来るべき時は、早々に訪れた感じである。
日本の少年たちにも絶大な人気を誇る、偉大なミッドフィルダー、アルゼンチンの至宝、リオネル・メッシが代表引退を表明した。
29歳の若き司令塔は、かなり傷心の様子であり、これ以上、自身のキャリアに傷がつくのを恐れていたかもしれない。

驚くべき活躍と無数のハットトリック、そしてバロンドールと個人タイトルは幾多あるだろうか?
それに引き換え、ワールドカップなど、アルゼンチンの代表としての成績が振るわなかったようだ。

しばしば、悪童マラドーナと比較された。
しかし、マラドーナにはワールドカップ優勝がやはり光り輝いているのであった。

メッシは、こう述べているようだ。

「僕にとっても、チームにとっても耐えがたい時だ。言葉にするのは難しいけれど、アルゼンチン代表としては終わりだ」

せめて、アルゼンチン代表がビッグタイトルを一つ取れれば、彼もやる気を出せたかも知れなかった。
代表はメッシ一人の活躍だけではどうしようもないのである。

一説、アルゼンチンは、国情もあまり思わしくないなどとも言われているようだ。
その辺りもメッシのキャリアに影を落としているかも知れなかった。

 カテゴリ

 タグ

高島礼子もさすがに離婚か?高知東生の不倫と大麻や覚せい剤

高島礼子 離婚 高知東生 7月編成 警察官の役 連続ドラマ 大麻 覚せい剤 不倫.png

画像は"http://goo.gl/eA4iSA"より。

やはり呆れざるを得ない、高知東生の不倫・大麻・覚せい剤の話。
タレントの質としては、残念ながら高島礼子には及ばない高知東生が陰でこんなことになっているとは?!
高島礼子もさすがに「もはやこれまで」離婚を考えざるを得ないのではないか?

そんな報道が引きもきらない感じである。
しかも、自宅からも覚せい剤の袋と思しきものが発見されており、これでは高島礼子も事情聴取の対象になりかねない。
高島礼子も共犯ではないか、尿検査などを任意で受けさせられるなどの報道もある。

こまったところである。

気の毒ながら、不幸はなお続くようだ。
2016年の7月スタートの連続ドラマ『女たちの特捜最前線』で高島礼子が警察官の役になるというのである!
高島礼子に同情の声がしきりであり、離婚やむなしの報道が後を追いかける格好なのである。

テレビ局は、どうしてもスポンサーのからみがあり、クリーンなイメージの企業だと、夫が覚せい剤のタレントは困る!となるようだ。
これまでの高島礼子のイメージも残念ながら、これまでか?などの報道もある。
高島礼子がせめて『共犯』でないことを祈るしかないのである。

エアロスミスがとうとう解散を宣言か?解散ツアー行われる?

エアロスミス 解散 さよならコンサート ツアーができる? 年取りました.png

画像は"http://goo.gl/1Py6cS"より。

エアロスミスといえば、アメリカの人気ロックバンドだが、とにかく歴史が古すぎる!
ザ・ローリング・ストーンズとか、もう伝説になっているバンドなどと『同級生』であり、メンバーが高齢化。
なにせ御年70代とかになりますと、さすがにロックでもないかと...

それにしても、現役バンドということで、まだまだ人気は絶大かとも考えられる。
エアロスミスは目下活動休止中ということのようだが、代表選手のようなメンバーであるスティーブン・タイラーが最後のツアーらしきをもらしている。
それによると、2017年に"さよなら"ツアーを行う予定であるとのこと。

過去にも『これで最後商法』でファンは、かなりエライ目にあっていたりする。

『ザ・フー』とか『KISS』とか、それ以外にも、何度も復活したバンドがありますな。
メンバーの事業の資金繰りが云々とかいうと、元のメンバーとしては見捨てられないとかあるのかもしれないが...

エアロスミスの解散はかねてからささやかれていたが、メンバーの足並みが、とか、『健康状態が』(笑)などと問題があったようで。
解散ツアーと評判でも、なかなか出来なかったというか...ホントに最後になるかもしれないんで。

日本にもスリーディグリーズとか何度も来ているが、3人のメンバーのうち一人は他界とかで、似たようなメンバーで過去の名曲を披露。
これも数年すれば、さすがのファンにも飽きられるようで、このところは来ていないみたい。
レジェンドが元気なのは嬉しいが、あまり悲惨な最終ツアーにはなってもらいたくない気もする(笑)。

水素水に有効性が認められないと国立健康・栄養研究所が発表。

水素水 ダイエット効果 国立健康・栄養研究所 効果が立証できない.jpg

画像は"http://goo.gl/0MwsxE"より。

結論からすれば、俗に言われている「活性酸素を除去する効果がある」
「がんの予防効果がある」「ダイエット効果がある」などは現時点で、人間での有効性を示す信頼できるデータがないとのことだった。

有効性を示してくれる研究データについては、研究所や医療機関が疾病患者に対して施行した予備的な研究データが有るのみという。
一般的に市販されている様々な水素水商品を体内に摂取した場合に同等な効果が得られるという保証がないようだ。


水素ガス(水素分子)については腸内細菌によって体内でも産生されることが知られている。
そしてその産生量は食物繊維などの摂取で高められるというデータもあるようだ。
経口的に摂取された水素水や類似商品が、直接水素水の産生に寄与しているとはいえないようである。

一般的に、水素を水に溶解させると時間の経過で抜けてしまうことが知られている。
そこで、アルミのパウチなどの容器に入れることが施されている。
そういう前提で、しっかりと水素が溶け込んでいる水素水を考えてみても、効果は保証ができないということのようであった。

リオ五輪を観光旅行する都議会の舛添体質。素人の視察は意味無し

東京都議会 リオ五輪 視察団 27人 総額1億円 物見遊山 バカンス旅行 ムダ遣い.jpg

画像は"http://goo.gl/61845b"より。

やはり『舛添体質』が抜けていないようである。
都議会がリオ五輪の視察を全会一致で可決したようでまたまた心配であろう。
何と総勢27人、費用総額が1億円近くに上るというから開いた口がふさがらない。

豪華接待旅行であることは間違いないのである。
一人当たり160万円、宿泊費が1泊15万円という凄さである。
驚くべき舛添体質ではないか?

「舛添死すとも、浪費は死せず」とでも言っておこうか?
あれほど、舛添要一が国民全体から叩かれたのに、ちっともわかっていない、懲りていないのである。
マスコミは都議会のリオ視察団の名簿をいち早く公開してもらいたいものである。

リオデジャネイロオリンピックでは、自民・公明、その上民進までもが視察に加わるという。
しかし、次回の東京オリンピックの参考に、との美名があろうが、オリンピックの注意点など専門家が行って初めてわかることなのではないか?
全くのずぶの素人の都議会議員が行ってみたとて所詮は物見遊山のバカンス旅行。

何の利もないムダ旅行との意見が出るが否定の余地がない。
都議会の舛添体質は既に伝統化してしまったのであろうか?
節税対策など、なんのその、舛添要一が行くはずのところを別の連中が行くのだから、余計にカネがかかることについては同じなのである。

オレオレ詐欺に騙されたフリ作戦4回成功!で89歳男性が表彰か?

オレオレ詐欺 特殊詐欺 89歳男性 捜査協力 4回も逮捕に貢献 近く表彰.gif

画像は"http://goo.gl/vZQEPI"より。

埼玉県の大宮署は、ホクホク顔かもしれなかった!
詐欺未遂で6月21日に『手渡し詐欺』の受け子の男を逮捕していたのである。
埼玉県富士見市水谷東の自称作業員の男(23)が、いわゆる手渡し詐欺の『受け子』になっているのを逮捕したのである。

実は、この手渡し詐欺(特殊詐欺の一種で、旧来のオレオレ詐欺の一種)のターゲットになっていた89歳男性、既に過去に3回狙われていたのである。
オレオレ詐欺は、同じ人物を何度となく狙うことが多いようだ。

この89歳男性は、過去にも特殊詐欺のターゲットに狙われ、金をもってこいと言われ、そのつど『騙されたフリ』をして捜査協力していたのであった。
本人の次男を名乗り「小切手をなくしてしまって困っている」
「現金270万円を、代理の人物を寄越すから渡して欲しい」などと持ちかけられていたようだ。

大宮署に対する取材によると、その89歳男性からの通報で、大宮署員が張り込んでいるところに受け子の男子が現れたところを現行犯逮捕。
男は「よく知らない男に『書類をもらってきてくれ』と頼まれた」と、とぼけていると言う。

凄いのは、この89歳男性、過去にも騙された演技で犯人逮捕に協力し3回も成功しているのであった。
「騙されたフリ作戦」の達人なのだが、ごく普通の一般人であり、警察関連や演じるのがプロと言う人でもないらしい。

大宮署は、この男性の捜査協力を近く表彰することも視野に入れているという。
犯人にとっては思わぬ『詐欺キラー』と言えそうである。

Copyright © ちょっと気になる話 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。