So-net無料ブログ作成

月別記事一覧

ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。

月別アーカイブ:2016年10月

2016年10月の記事一覧。ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。
久保利明九段 対局 遅刻 不戦敗 豊島七段 時間 勘違い 叡王戦.png ..

三浦九段の疑惑騒動関連
画像は"https://goo.gl/T6kuPf"より。目下、竜王戦七番勝負が行われており、初戦は渡辺明竜王が68手で勝利したが、第2戦は挑戦者である丸山忠久..

記事を読む

鈴木宗男氏 北方四島 返還問題 北方2島 まず返還 ロシア外交 プーチン大統領.jpg ..

政治の話
画像は"https://goo.gl/FY9CGx"より。2003年ごろだったか、鈴木宗男氏が「北方2島をまずは返還してもらうべき」と主張したら、大変な騒ぎとな..

記事を読む

小和田雅子様 NHK 引きこもり シワがなくなる 美肌化粧品 アンチエイジング.png ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/7RP1wz"より。これまた、ネット上の不思議な話である。雅子様が大きく出ているのは、実際は雅子様とは関係なく、NHKとも..

記事を読む

大谷翔平選手 女子アナ 獲得レース ヒートアップ 日本シリーズ クセ 傾向 対策 データ.jpg ..

スポーツの話
画像は"https://goo.gl/c6qYZL"より。今や、球界の至宝であり、メジャーリーグの各チームからもラブコールが次々と...そんな状況の大谷翔平投手..

記事を読む

慶応大学 呆れた発表 ミス慶応 被害者母 退学要求 慶応大学 失望 その後.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/N0zQDH"より。「広告学研究会」に関わる報道について2016/10/21慶應義塾大学10月4日に解散を命じた広告学研究..

記事を読む

高樹沙耶 大麻取締法違反容疑 逮捕 ドップリ 依存症 人物 有名 否認.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/2JHRd5"より。つい先だって、鳥取県で『産業用大麻』の製造をしていた人物が、やはり大麻所持(濫用も?)で逮捕されたばか..

記事を読む

竜王戦七番勝負 三浦九段 週刊文春  スマホ疑惑 取り返す 提出拒否 その後.jpg ..

三浦九段の疑惑騒動関連
画像は"https://goo.gl/DQ3w3x"より。渦中の"竜王戦七番勝負"が開催されており、目下渡辺明竜王が先勝したところである。そして「スマホ使ってい..

記事を読む

本田朋子アナ その後 五十嵐圭 プロバスケットボール選手 戦力外 年齢.png ..

スポーツの話
画像は"https://goo.gl/8tA5A1"より。本田朋子アナと言えば、フジテレビの『プロ野球ニュース』などでメインキャスターを務めるなど、フジの主力ア..

記事を読む

宇都宮爆発 同時多発テロ 爆発2回 元自衛官 男性 72歳 城址公園.png ..

事件の話
画像は"https://goo.gl/NqY2nq"より。10月23日の穏やかな日曜日の昼下がりに栃木県宇都宮市で車両が爆発する事件があった。宇都宮での爆発事件..

記事を読む

ボブ・ディラン ノーベル賞 連絡せず 選考委員 無礼で傲慢 公式サイト 記載削除.jpeg ..

芸能の話
画像は"https://goo.gl/3zkHB2"より。ボブ・ディランの公式サイトに掲載されている歌詞集の宣伝文に『ノーベル文学賞受賞者』の記載が10月20日..

記事を読む

棋士が遅刻で不戦敗。将棋界で疑惑の時期に、謎の勘違いがあり

久保利明九段 対局 遅刻 不戦敗 豊島七段 時間 勘違い 叡王戦.png

画像は"https://goo.gl/T6kuPf"より。

目下、竜王戦七番勝負が行われており、初戦は渡辺明竜王が68手で勝利したが、第2戦は挑戦者である丸山忠久九段が巻き返した。
一勝一敗で、先が見えない戦いになっており、見る方としては、楽しみな展開である。

さて、三浦九段のスマホ使用疑惑が現在でも問題視されているところである。
いったん、スマホを提出するとしながら、途中でスマホを奪い返した三浦九段の話は別記事に譲るとして、今度は“不戦敗”騒動が持ち上がった。
棋士にとっては、対局遅刻・不戦敗は、プロ野球で言えば、試合に遅刻して出られなかったぐらいの一大事と思われる。

将棋のプロは個人業主であるから、棋士道のあり方さえ問われる話で、単なる疑惑騒動だけでは済まされない話ではないか?
プロ野球では罰金などのペナルティがあるが、将棋界では棋士のモラルに任されている水準なのかもしれない。


詳しく書くと、久保利明九段(41)が10月30日に将棋の公式戦『第2期叡王戦』の対局に遅刻をして不戦敗を食らう事態となった。
叡王戦は、『ニコニコ生放送』で実況中継の予定だったが、すっぽかしを喰らった対局相手の豊島将之七段(26)がひたすら待ち続ける画像が配信された。

久保九段はこの日、東京九段の日本将棋会館で午後2時から対戦予定であったが、午後7時からの対局と勘違いしていたとのことである。
画面には、久保九段が来ないため、豊島七段が久保九段の駒も並べてあげるところなども放映された。
前代未聞の事件だが、『ニコニコ生放送』では時間稼ぎと言うべきか?画像のようなアンケートまで実施されてしまった。


日本将棋連盟の規定によると、公式戦で遅刻をした場合、遅刻時間の3倍を持ち時間から引かれる『3倍引き規定』がある。
しかし、叡王戦については多の公式戦のようなこのような規定がなく、持ち時間も1時間と短い。
よって、久保九段が開始時間から1時間経っても対局に現れなかったため、不戦敗が成立したようである。


現在、三浦九段のスマホ疑惑で、話題になっているが、久保九段も三浦九段のスマホ疑惑を告発した一人ではないかと噂されている。
こんな形で不戦敗を作ると、何かあったのではないか?と疑う向きがあってもおかしくないのである。


神奈川県の大口病院で、何者かが点滴に消毒剤を入れたケースでは、うっかり休んだり退職したりすると疑われるため、職員ピリピリしていたという。
休みたい事情があっても、休めないので大変だったようである。

この『不戦敗』の話も、気をつけないと、思わぬ疑惑を招く結果になってしまいそうで、ちょっと心配である。


   < スポンサードリンク >

鈴木宗男氏が北方2島をまず返還してもらうべき。まずは第一歩を

鈴木宗男氏 北方四島 返還問題 北方2島 まず返還 ロシア外交 プーチン大統領.jpg

画像は"https://goo.gl/FY9CGx"より。

2003年ごろだったか、鈴木宗男氏が「北方2島をまずは返還してもらうべき」と主張したら、大変な騒ぎとなり実質的に国賊扱いになってしまった。
本年末、準備されている北方二島返還問題が、徐々に現実味を帯びてきているようで、鈴木宗男氏の提唱していた対ロ方針がにわかに脚光を浴びた形である。
鈴木宗男氏は、北方領土問題に通じており、安倍晋三首相などとも、北方問題について意見を交わしており、プーチン周辺にも知り合いがいるようだ。

1956年に歯舞・色丹両島の引き渡しを明記した日ソ共同宣言はプーチン大統領も認めており、二島返還は可能というのが鈴木宗男氏の理論だ。
現在、ロシアの世論調査では8割近くが、北方領土を返還する必要がないと考えており、これがプーチン大統領の頭が痛いところである。
道理を通して四島返還をしてしまうと、プーチン大統領は国内の支持基盤を失ってしまう可能性が高いのである。

ソ連時代には、「北方領土問題など、存在しない」と完全に突っぱねられていたのだが、ソ連からロシアに替わって、あちらのトーンはかなりソフトになってきてようだ。
四島の帰属が承認されれば、返還時期は差があってもよい、ということに替わったのである。

プーチン大統領の支持率が85%と高く、プーチン大統領のが在任中が四島返還への重要なキーポイントではないかと鈴木宗男氏は語る。
平和条約締結の後は、日本に返還と決めた、1956年の日ソ共同宣言は、両国の国会が承認した、法的拘束力のある"約束"であり、日本へは返還義務がある。
そんな風に、プーチン大統領やその側近が語っているわけであるから、段階的な返還の話をするテーブルに附くべきだ、というのが鈴木宗男氏の持論のようだ。

両国のトップの動きが年末にかけて注目される。

雅子様とNHKを語る謎の広告が話題に。悪質偽広告が広まる。

小和田雅子様 NHK 引きこもり シワがなくなる 美肌化粧品 アンチエイジング.png

画像は"https://goo.gl/7RP1wz"より。

これまた、ネット上の不思議な話である。
雅子様が大きく出ているのは、実際は雅子様とは関係なく、NHKとも全く関係のない化粧品のCMである。
では、雅子様の肖像がなぜ無断で使用されることになってしまったのであろうか?

ストーリー仕立てのコマーシャルは、よくあるものなのだが、これは雅子様が主人公になっている広告である。
その中で、皇太子妃 雅子様が10年超引きこもっておられた人生のストレスから回復しようとしている経緯を紹介している。
そして、雅子様が秘密にしていた最大のものを世界に発表しようとしている、というのである。

その秘密とは、シワが永遠になくなる、アンチエイジングソリューションである...こういうストーリー仕立てになっているのである。
そして、雅子様の23年前の写真画像と現在の画像を比較して掲載してあるという、徹底ぶりである。
画像の下には「私も使った!」「とても良かった!」と使用した人間のコメントが続く。

サイトの体裁は、NHKオンラインのフレームに酷似したものを取っており、まるでNHKのサイトに雅子様がメインの広告が表示されたかのような外観がある。
どうも、香港の"Bloom Key Limited"社という企業の広告のようである。
そもそも、NHKにCMが出されないのであるから、NHKのサイトにも広告が出るはずがないのである。

まあ、引っかかる人は少ないと思われるが、雅子様の肖像を勝手に使ったとみられる悪質なネット広告である。
"Bloom Key Limited"社とも、ほとんど関係ないアフィリエイトサイトかも知れない。
海外では、王室御用達の製品と謳うことが許されている国があるようには聞いたことがあるが...

目下、フェイスブックで拡散中だが、NHKも「NHKが番組やホームページで特定の商品を宣伝することはありません」とコメントしている。

< スポンサードリンク >

大谷翔平が31歳女性と交際か?9歳年上地方局女子アナが本命では?

大谷翔平選手 女子アナ 獲得レース ヒートアップ 日本シリーズ クセ 傾向 対策 データ.jpg

画像は"https://goo.gl/c6qYZL"より。

今や、球界の至宝であり、メジャーリーグの各チームからもラブコールが次々と...そんな状況の大谷翔平投手である。
甘いマスクと高身長(193cm)で女性ファンもたくさんいるようだが、今話題なのが『大谷翔平獲得レース』である。

各局女子アナたちが、何としても大谷翔平投手の取材に駆けつけたい!何とかきっかけを作りたい!
そう魂胆しているところだが、現在31歳の地方局女子アナがどうも怪しい雲行きである。
193cm の大谷翔平投手だから、うっかり出歩こうものならたちまち目立ってしまうのである。

『悪いことができない』生まれついての体質(笑)と言うべき所なのだが、このところちょっと噂があるようである。

高校時代から真面目で基本『恋愛禁止』でバレチョコも貰ったことがない大谷翔平選手であり、草食系といわれている。
ところが、1年ほど前に知人と飲み会を持った際に知り合ったようである。

今シーズンの中盤から、会うようになってきているという。
女子アナは、できれば結婚もしたい、と周囲には話しているという。

野球しか興味がない、という大谷翔平選手のハートを射止めるのはどんな女性なのか?
興味は尽きないが、日本シリーズ後に新展開があるだろうか?
シリーズでの活躍を祈ってやまないが...?!

(秘)

市野瀬 瞳アナという、上記の条件にぴったりの人があるようです。
ちょっと検索してみる??


< スポンサードリンク >

慶応大学集団暴行事件の余波は?被害者母『退学だ』その後の展開

慶応大学 呆れた発表 ミス慶応 被害者母 退学要求 慶応大学 失望 その後.jpg

画像は"https://goo.gl/N0zQDH"より。

「広告学研究会」に関わる報道について


2016/10/21

慶應義塾大学
10月4日に解散を命じた広告学研究会による一連の事案に関し、10月20日のテレビ朝日による報道を発端に、事実とは異なる報道がなされています。

本学が、「学生が撮影したとされる動画等を確認していた」という事実は一切ありません。本学では動画や画像は入手できておらず、したがって確認もしていません。

慶應義塾としましては、引き続き、可能な限り捜査等に協力するとともに、その推移を見守りつつ、厳正に対処してまいります。

https://goo.gl/jvUudJ



慶応大学広告学研究会の事件がかなり余波を呼んでいるようだ。
その後だが、被害女子学生の母が「加害学生は退学して欲しい!」そんなことを訴えているようである。

慶応大学方式ではないが、サークルの学生たちは、被害女子学生にテキーラ(アルコール度の高い酒)を飲むことを強要したという。
意識朦朧となった、女子学生に対し、広告学研究会のメンバーは性的集団暴行を加え、その様子をスマートフォンで撮影していた。

広告学研究会の行動に憤りを覚えた女子学生の母は、慶応大学に連絡を取った。

「まずは、被害を受けた本人から話を聞く」とのことで、被害学生本人が説明に慶大学生課に行ったという。
しばらくして学生課から母親に電話があり「お嬢さんに話は聞きましたが、どうします?」

母親が憤ったのも無理からぬ話である。
乱暴のその後の経過を説明したところ、慶応大学の学生部担当者は淡々と応えたという。
「慶応大学の学生部は司法機関ではありません。まずは警察に届けて下さい」

事情を丁寧に聞く姿勢も見せず「警察に行ってこい!」その対応に母親は唖然としたという。
10月4日に、慶應義塾大学の塾長により、未成年飲酒があり、サークルは解散命令を出されていた。

要するに、女子学生が暴行を受けた事実が隠蔽されているのである。
「今回の処分は適正なものと認識しております」と慶大。

母親の話:

「慶応大学には、本当に失望している。加害学生には退学してほしいものだ!」

< スポンサードリンク >

高樹沙耶が大麻所持で逮捕されている。既にドップリ依存症か?

高樹沙耶 大麻取締法違反容疑 逮捕 ドップリ 依存症 人物 有名 否認.jpg

画像は"https://goo.gl/2JHRd5"より。

つい先だって、鳥取県で『産業用大麻』の製造をしていた人物が、やはり大麻所持(濫用も?)で逮捕されたばかりである。
高樹沙耶が大麻所持で逮捕された。
ナチュラリスト(ナチュラルライフを信奉する人?)を自称し、ナチュラルライフを遂行するため、2011年に石垣島に移住し、1500坪の土地を購入して『虹の豆 浮き世離』を経営・管理している。

この辺りから、大麻などを常用し始めていたのではないかと推察されるのである。
大麻保持の合法化を推進し、法的規制を反対する立場を取るようになっていった。

2016年5月10日に突如、参議院議員通常選挙 東京都選挙区で立候補(新党 改革)する。
医療用大麻の合法化一点を公約に掲げて立候補するが、敢えなく落選した。

そして、沖縄県内で大麻を隠し持っていたという容疑にて、大麻取締法違反の容疑で逮捕された。
高樹沙耶は容疑を否認してるようである。


高樹沙耶のツイッターだが、かなりのハイテンションで、挑発的な内容になっている。






大麻依存症に、既にドップリ浸かっているのではないだろうか?

   < スポンサードリンク >

三浦九段がスマホ提出を拒否していた話のその後について

竜王戦七番勝負 三浦九段 週刊文春  スマホ疑惑 取り返す 提出拒否 その後.jpg

画像は"https://goo.gl/DQ3w3x"より。

渦中の"竜王戦七番勝負"が開催されており、目下渡辺明竜王が先勝したところである。
そして「スマホ使っていた」「使っていない」の三浦弘之九段の身辺調査の話も進んでいるようである。

既に10月21日に、三浦弘之九段が「(自分は)スマートフォンの提出を拒否したわけではありません」との反論文を公表している。
しかし、週刊文春10月27日号によると、スマートフォン提出のいきさつが明らかになるようである。


速報によると、三浦弘之九段は10月11日の常務会にて、休場の以降を自ら申し出たようである。
その後、いったんはパソコン(4台)と、スマートフォンの提出に同意を示したようである。
日本将棋連盟の職員と携帯ショップに赴き、連盟が貸し出した携帯端末にアドレス帳などを同期させ(つまり電話帳記録などを移し)、自分のスマートフォンは連盟職員に手渡していた。

ざっくり言えば、三浦弘之九段のスマートフォンを日本将棋連盟が預かっている間、三浦弘之九段がスマートフォンがなくて困ってしまう。
そのため、将棋連盟が携帯端末を提供し、それに三浦弘之九段の電話帳など必要な記録を移し替えたようである。

その後、三浦九段と職員は4台のパソコンを将棋連盟に郵送するため、三浦弘之九段の自宅(群馬県高崎市)に新幹線で向かった。
道中、三浦九段は誰かと連絡を取っていたようである。

三浦九段の自宅で4台のパソコンを梱包・郵送の手続きを終えた後、三浦九段は「やっぱりそれは渡せません」と言いながら職員からスマートフォンを取り戻したという。
あっけに取られた将棋連盟の職員を尻目に「これから妻と弁護士と話をします」と言い残し、車で現場から立ち去ったという。


どうやら、ホントらしいエピソードだが、話の焦点は、なぜスマートフォンの提出を拒んでいるのだろうか、ということである。
スマートフォンのSIMカードなどから、通信記録が解明できるようであり、対局中に休んでいたのなら、激しい通信記録が残ったりはしないはずである。

---

やはり問題になるのは、渡辺明竜王竜王の行動と置かれている立場であろうかと思う。
渡辺明竜王は、竜王戦の前に三浦九段に3連敗しているようだ。
そして、その三浦九段の挑戦を受ける段になってから「疑念がある棋士と指すつもりはない。タイトルを剥奪されても構わない」などとタイトル戦へ微妙な行動に出たのである。

タイトル戦は、新聞社などのスポンサーがあり、対局はよほどのことがない限り中止はできない事情のようである。
しかし、現タイトルホルダーが出場を微妙にすると、タイトル戦自体の開催が危ぶまれてしまうのである。
そこで、将棋連盟は非公式ながら、トッププロを集めて、極秘の意見交換会を行ったようである。


これとは別にだが、渡辺明竜王は、なぜか竜王戦以外のタイトルにはなぜかあまり縁がなく、なぜか竜王戦だけは10回の優勝を果たしているのである。
疑惑というと、渡辺明竜王の周辺からクレームが来そうだが、2008年は、羽生善治名人が3連勝のあと、渡辺明竜王に4連敗して、疑惑の対局などと言われているところである。
(但し、羽生善治九段は2003年にも4連敗して1勝もあげられなかったこともあるが...)

< スポンサードリンク >

本田朋子アナの現在は?プロバスケット選手の妻となった現在。

本田朋子アナ その後 五十嵐圭 プロバスケットボール選手 戦力外 年齢.png

画像は"https://goo.gl/8tA5A1"より。

本田朋子アナと言えば、フジテレビの『プロ野球ニュース』などでメインキャスターを務めるなど、フジの主力アナであった。
もちろん人気だけではなく、実力も評価され、やはり数字が付いてくるというテレビの人気者の資格も持ち合わせていた。

一時期、サッカーの日本代表の主将歴が長い、長谷部誠選手らとの交際もうわさされていたが、海外生活が長い長谷部選手とは、ゴールインまでには至らなかったのである。
その後、フジを退社した本田朋子アナがどうなったかというと、プロバスケットボールの人気選手 五十嵐圭選手と結婚していたのである。
現在では、フリーのアナウンサーとして活動している本田朋子だが、その前途はあまり洋々とはいかなかったようである。

五十嵐圭選手は成績は悪くないものの、2016年にBリーグの名古屋ダイアモンドドルフィンズから戦力外通告を受ける。
プロリーグとはいえ、野球やサッカーのような人気に支えられた年俸水準が保証されているわけではなく、やはり36歳という年齢もネックになったのか?
本田朋子は、アスリートフードマイスターの資格も取り、栄養面でも五十嵐圭を支えてきたりもしていたので、戦力外はかなりショックだったようである。

過去の実績があるので、程なく新潟アルビレックスから声が掛かり、夫婦で新潟へ移住を決意する。
(本田朋子は『新潟は雪が心配』などと思っていたらしいが、東北・北陸地区は県庁所在地などは、雪害で困るようなことは案外ないのである)
いや、それより戦力外 ⇒ 移籍で年俸は1/3近くダウンしたほうが、よほど気にしなくてはならないポイントではないのか?

「無一文になっても自分が支えてあげたい」と説明するようだが、バスケットは今年がプロリーグが創設と、まだまだ先が長いうえに戦力外とは厳しい限り。
本田アナの、本気は応援してあげたいが...
画像は、テレビ出演の時の本田朋子アナの表情だが、状況はかなり甘くないようである。

< スポンサードリンク >

宇都宮で爆発事件が2件。近隣住民の声「テロかと思った」

宇都宮爆発 同時多発テロ 爆発2回 元自衛官 男性 72歳 城址公園.png

画像は"https://goo.gl/NqY2nq"より。

10月23日の穏やかな日曜日の昼下がりに栃木県宇都宮市で車両が爆発する事件があった。
宇都宮での爆発事件がこの日2件あり、栃木県警は関連性などを調べているという。

10月23日の午前11時33分頃、宇都宮市中央庁3丁目にあるコインパーキングで車が燃えているのを栃木県警の警察官が発見shチア。
そのおよそ6分後に、今度は宇都宮の城跡公園で、人が燃えているのを別の警察官が発見したという。


コインパーキングでの爆発だが、近隣住民の声によると「窓ガラスが揺れるほどの大きな音だった」とのことである。
ドーンという大きな音とともに、爆発があったようである。


2度目の城跡公園での爆発では、バラバラになった男性の焼死体を警察官が発見していた。
死亡したのは宇都宮市内に在住の元自衛官の男性(72)とみられている。


この日は、宇都宮城址公園で祭りがあり、人でも通常よりは多かったという。
イベント開催側の迅速な対応があり、祭りは中止になったとのことである。

それにしても、突然の出来事、それもほとんど同時多発であったため「テロが起きたか?」と思った人も居たようだ。

   < スポンサードリンク >

ボブ・ディラン ノーベル文学賞のありがた迷惑。受賞の意思なしか

ボブ・ディラン ノーベル賞 連絡せず 選考委員 無礼で傲慢 公式サイト 記載削除.jpeg

画像は"https://goo.gl/3zkHB2"より。

ボブ・ディランの公式サイトに掲載されている歌詞集の宣伝文に『ノーベル文学賞受賞者』の記載が10月20日にあった。
これにて、ボブ・ディランが、とうとうノーベル賞受賞を受け入れたのでは?との憶測が流れていたのである。

ところが10月21日までに、この『ノーベル文学賞受賞者』の文言が削除されていたのである。
やはり、ノーベル賞受賞をあまりよく思っていないのであろうか?
ボブ・ディランの意思でそうされたかどうかは、依然不明であるが...


ボブ・ディランとは、受賞後に一切連絡を取れていないようである。
12月にストックホルムでノーベル賞の授賞式があるのだが、それに参加してくれるかどうかもわからない。
10月17日にスウェーデン・アカデミーの事務局長が「もう連絡を取るのはやめた」と発言したりもしている。

ノーベル文学賞だが、注目度アップのためか?ミュージシャンなど、かなり間口を広げようと努力しているのかもしれない。
しかし、ボブ・ディランといえば、どちらかというと、プロテストソングというか、公式の体制に反旗を翻して人気を集めてきたタイプのアーチストである。
公式も公式、ノーベル賞などは、本人にとってはちょっとありがた迷惑ということではなかったかということになろうか?

ボブ・ディランは、受賞発表後もライブ公演などを行っているが、公演中は受賞の話については一切触れていないということらしい。
ノーベル賞選考委員会は、連絡をよこさないボブ・ディランに対して「無礼で傲慢」を避難してる。
ネット上では、ノーベル賞選考委員に対して非難の声も上がっているという。

前例を破るというのは、いろいろ面倒ということも言えるのかもしれない。

       < スポンサードリンク >
Copyright © ちょっと気になる話 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。