So-net無料ブログ作成

時事の話のカテゴリ記事一覧

ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。

カテゴリ:時事の話

時事の話のカテゴリ記事一覧。ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。
北方領土 プーチン 手応えなし 島民 失望 返還意志なし ロシア 現状維持.png ..

時事の話
画像は"https://goo.gl/vAfoqy"より。2016年の外交ショーなら、最大の目玉になる話だった北方領土4島返還問題。やはり、沖縄返還のようにすっ..

記事を読む

たばこ 一箱 千円 増税 東京オリンピック 財源 山東昭子参議院議員 受動喫煙防止議員連盟.jpg ..

時事の話
画像は"https://goo.gl/WFJ8QS"より。愛煙家には、なかなか手厳しいたばこの値上げ・増税の話である。「議員報酬カットが先だろう!」との声もある..

記事を読む

福島 宮城 両県沖 地震 津波 福島第一原発 高さ 未発表 廃炉作業 汚染水 危険.png ..

時事の話
画像は"https://goo.gl/pxeYzA"より。11月22日に福島県沖を震源とする地震が起き、心配なのは福島第一原発である。現在、使用済み核燃料の処理..

記事を読む

豊洲新市場 舛添要一 元都知事 盛り土問題 地下水問題 知らんふり.jpg ..

時事の話
画像は"https://goo.gl/5GjN4T"より。豊洲の新市場問題で、今度は舛添要一のお鉢が回ってきている。地下汚染が深刻で、一部議員関連の調査結果によ..

記事を読む

高市早苗 総務大臣 ワンセグ携帯 受信料支払い義務あり 受信設備 設置.jpg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/i3Q0os"より。さいたま地裁は8月26日にワンセグ対応の携帯電話やスマートフォンを所持することで、NHKの放送受信契約を..

記事を読む

石田純一 都知事選 売名行為か? 内容は一定の評価がある プロパガンダ.jpg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/rtGM6D"より。石田純一の都知事選だが、実際の本気度が気になるところである。7月8日に出馬の意思表示を実質するような記者..

記事を読む

小池百合子 舛添要一 後釜 東京都知事出馬 自民 説明なし 無難 オリンピック.png ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/X7w5pE"より。自民・公明の様子を見るに、小池百合子氏はあまり相談なく独断で出馬を決めたような印象である。選挙戦といえば..

記事を読む

原辰徳 女性問題 暴力団 一億円 読売巨人軍 週刊文春 勝訴.jpeg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/GN1hp2"より。読売巨人軍の原辰徳監督(当時)が女性問題関連で、元暴力団員に1億円支払った記事を週刊文春が掲載した。読売..

記事を読む

藤野保史 共産党 製作委員会 委員長 辞任 人を殺す予算.jpg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/mphbJa"より。藤野保史衆議院議員は当選1回のニューフェイス。2016年4月政策委員長に抜擢されたばかりだったのである。..

記事を読む

東京都議会 リオ五輪 視察団 27人 総額1億円 物見遊山 バカンス旅行 ムダ遣い.jpg ..

時事の話
画像は"http://goo.gl/61845b"より。やはり『舛添体質』が抜けていないようである。都議会がリオ五輪の視察を全会一致で可決したようでまたまた心配..

記事を読む

北方領土問題やはり外交資源。プーチンに一蹴、元島民失望の色。

北方領土 プーチン 手応えなし 島民 失望 返還意志なし ロシア 現状維持.png

画像は"https://goo.gl/vAfoqy"より。

2016年の外交ショーなら、最大の目玉になる話だった北方領土4島返還問題。
やはり、沖縄返還のようにすっきりとは行かなかったようである。
北方領土問題は、やはり根が深かったようである。

今年の秋ぐらいから、安倍晋三首相が陰ながら準備しているという説は伝わってきていた。
そして、安倍総理のもくろむところと努力は、まあ評価してあげなくてはならないのかも知れなかった。
しかし、ロシアの壁は厚く、日本の思いなどは通じなかったようである。

ロシア外交にかなり詳しい、鈴木宗男氏がかつて、4島返還ではなく、まず2島を返還してもらって足がかりをつけるという発言をしていた。
これに対して『弱気すぎる』『言語道断』などの声も上がっていたのだが、今回も2島すら返還には至らなかったようである。
プーチンのロシア国内での支持率の問題もあるようで、タカ派で国内に睨みが利く、と言うのがプーチンの持ち味なのである。

ところが近年、その支持率にも陰りが差してきているようである。
やはり返還を求めるに当たっては、国内に絶大な支持率がないと、大統領の政策に後が続かないのである。
こうしている間も、北方4島にはロシアの国民が移住しますます根付いていくというのに、歯がゆいというしかないのだが。

北方4島は、政治的にはやはり返還されなくてはならないのが当然なのだが、ロシアはまだまだ譲れる状況にはないようなのである。
またしても、北方領土を『外交資源』として使われた形となった。

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

たばこ1000円時代に突入か?!自民党の山東昭子参院議員が発端か

たばこ 一箱 千円 増税 東京オリンピック 財源 山東昭子参議院議員 受動喫煙防止議員連盟.jpg

画像は"https://goo.gl/WFJ8QS"より。

愛煙家には、なかなか手厳しいたばこの値上げ・増税の話である。
「議員報酬カットが先だろう!」との声もある中、自民党・受動喫煙防止議員連盟会長の山東昭子参議院議員が1箱1000円の構想をブチあげた。
2020年の東京オリンピックを視野に入れて、たばこ1箱1000円とは、なんでオリンピックとセットなのか?

そんなことを考えつつ記事を探ってみた。
山東昭子参議院議員が菅義偉官房長官に、受動喫煙防止議員連盟としての申し入れをしたようである。
たばこの税率を見直して、引き上げに関する税制改正要望をしたのである。

愛煙家からは

「オリンピックと喫煙は無関係!因果関係の説明を求める!」(まあ、当たり前の意見)
「庶民の楽しみを奪う行為」
「安易に増税はおかしい」

嫌煙家からは

「増税などは、まだ甘い!」
「受動喫煙のことを考えれば、他国並みに値上げをすべし」
「心血を注いで取り組んで欲しい」

こんな意見が山東昭子参議院議員のフェイスブックに書き込まれ、かなり白熱した議論になっているようだ。
オリンピックとの関連は、やはり、かさむ予算の財源として、と言うことになるだろうが、受動喫煙だのたばこの害を抑える効果はありそうである。
しかし、一箱千円とは、かなりふっかけたものですね。

毎日一箱だと、月産3万円の出費となる。
これは、『断煙』せざるを得ない人がでるのも不思議はない。
結果、健康にもなるのなら、良いではないか、との意見もあるとみられるが、果たして...?

< スポンサードリンク >

福島第一原発に津波が!津波の高さや損傷部位や津波の高さは?

福島 宮城 両県沖 地震 津波 福島第一原発 高さ 未発表 廃炉作業 汚染水 危険.png

画像は"https://goo.gl/pxeYzA"より。

11月22日に福島県沖を震源とする地震が起き、心配なのは福島第一原発である。
現在、使用済み核燃料の処理や廃炉の作業などを進めている、福島第一原発に津波が押し寄せている。
津波の高さなどは未発表であるものの、震度5弱とかなり強い地震による津波であり、仙台港では1m40cmの津波を観測した。

福島県と宮城県の太平洋沿岸には一時は津波警報が出され、3m近くの津波が想定され、第2波、第3波の到来も警戒されていた。
福島県沖の10km地点が震源地とみられてかなり沿岸に近く、マグニチュード7.3は東北大震災以来と言える強さであった。

問題は、前回の東北大震災でダメージが大きかった福島第一原発である。
東京電力は、津波警報が解除されたのち、福島第一原発での警備・パトロールを実施したという。
その際、原発の港湾内にある、放射性物質の流出を抑えるフェンスが2カ所で損傷しているのが発見された。

フェンスと防波堤をつなぐロープが2カ所、外れていることが発見されていたと発表した。
東京電力は津波の被害による者と断定して、復旧作業を行う予定であるという。
津波の恐れが生じたため一時中断されていた、汚染水の処理や移送作業については、22日の夕方頃より順次、再開していく予定であるとのことである。

使用済みの核燃料を保管する役割を持つ、共用プールと呼ばれる施設が4号機の西側にあるがその外側に3m×2mくらいの水たまりが出来ているのも見つかっている。
これは、地震の震動にてプールの水があふれ出たものと考え、回収作業を急ぐと説明している。

津波の沿岸警報が出された後、作業員を高台に避難させるなどしていたが、警報解除後に作業に掛かるべく、確認を開始していた。
11月23日は通常の作業に復帰できる見通しであるが、地震の多い国に、やはり原発が必要・適切であるのかは難しい問題である。

< スポンサードリンク >

豊洲問題は舛添要一も関与か?何度も視察、完璧とまで発言も

豊洲新市場 舛添要一 元都知事 盛り土問題 地下水問題 知らんふり.jpg

画像は"https://goo.gl/5GjN4T"より。

豊洲の新市場問題で、今度は舛添要一のお鉢が回ってきている。
地下汚染が深刻で、一部議員関連の調査結果によるとシアン化化合物まで検出される状況である。

ところで、本年6月に途中で辞職した舛添要一 前東京都知事が今度はクローズアップされている。
「2016年の11月に豊洲新市場を開場する」と宣言した2015年7月の定例会見での舛添元知事の発言が問題になっている。

その席で舛添元知事は

「私は何度も視察しています(から大丈夫)」

「新しく安全な設備にしたほうが良いので、それはもう完璧にやっています」

などと発言しているのである。


まあ、舛添要一元知事が辞職してくれたから、豊洲の汚染問題が浮上してきた経緯はあるのだが、都知事としてはちょっと失敗だったのでは?


ここへきて、舛添要一は実は知っていたんじゃないのか、在任中に舛添は何をしていたのか!
そんな声さえ出てきている状況である。

辞職してしまえば、別に説明責任もないというのかもしれないが、いやいやそれでは都民が納得しないであろう。
工事契約時の都知事は石原慎太郎であり、豊洲新市場の盛り土問題や地下水問題などは関係ない顔をするかもしれない。

しかし、経緯や問題点などは後任都知事と言えども把握していてもらいたいものであるが...

高市早苗総務大臣がワンセグ携帯にも受信料支払い義務ありと発言

高市早苗 総務大臣 ワンセグ携帯 受信料支払い義務あり 受信設備 設置.jpg

画像は"http://goo.gl/i3Q0os"より。

さいたま地裁は8月26日にワンセグ対応の携帯電話やスマートフォンを所持することで、NHKの放送受信契約を結ぶ義務があるかの確認裁判にて、納付義務がないという判断を示した。

これを受けて、高市早苗総務大臣は「携帯用受信機にも受信契約義務があると考えている」と説明した。
高市早苗総務大臣が9月2日の閣議後の記者会見にて、発言したものである。

先の判決に対して、NHKは既に控訴しており、この件について裁判にて争う姿勢を見せている。

さいたま地裁の判決によると、放送法の設置という言葉はテレビを念頭におき、一定の場所に設置するという意味で使われてきたと解釈している。
携帯電話の所持については「受信設備の設置にはあたらない」と判決していた。


これに対して、高市総務大臣の解釈は微妙に異なり、放送法の54年前の規定に従い「受信設備を設置する」とは「使用できる状態にしておくこと」と説明した。

ネット上の反応だが...

「ガラケーやスマホでも、受信料が掛かるのなら受信ができない端末も、今後主流になるのではないか?」

などの声が出てきているが...

石田純一の都知事選出馬でペナルティが発生?やる気の程度は?

石田純一 都知事選 売名行為か? 内容は一定の評価がある プロパガンダ.jpg

画像は"http://goo.gl/rtGM6D"より。

石田純一の都知事選だが、実際の本気度が気になるところである。
7月8日に出馬の意思表示を実質するような記者会見を都内で持った。

その中で、

かなり支持も得ているようである!













参院選での、安倍晋三首相の会見隠しなども痛烈に批判している。
結構、水準の高い連中も、石田純一の発言内容には一定の評価を示している。

出馬にて、コマーシャル出演などでペナルティが発生することも覚悟で発言している。
内容的には一見の価値があり?

小池百合子氏が都知事選出馬も自公は知らないようらしい。

小池百合子 舛添要一 後釜 東京都知事出馬 自民 説明なし 無難 オリンピック.png

画像は"http://goo.gl/X7w5pE"より。

自民・公明の様子を見るに、小池百合子氏はあまり相談なく独断で出馬を決めたような印象である。
選挙戦といえば、聞くに、立候補者が出揃った最後に立候補するのが有利とされているようである。

ところが、小池百合子氏はどうやら先行逃げ切りを図った様子である。
国会議員時代にはあまり目立った業績がなく、しかしスキャンダルなどもあまり聞こえてきていない印象である。
海外の大学(カイロ大学)卒の話は、学歴詐称の話題が出ると、毎度毎度出されるが、覆されそうになったことはない。

どうやら、本物のようである。
小池百合子氏を囲む会では、既に自民党各会派のトップが集結していたようで、'64年東京オリンピックのメダリスト三宅さんなども舞台挨拶。
要するに自民党の上層部では、小池百合子も選択肢の一つ、とされているようではある。

問題なのが、煮え切らない自民党東京都連であり、むしろ自民党上層部のバックアップを期待して打って出たのかもしれなかった。
人選的には、東京都の代表がリオデジャネイロオリンピックの閉会式で、次期開催地のトップということで五輪旗を受けても恥ずかしくはないレベルの人物かと。
既に、小池事務所の葉書が数百枚、政治資金でどうの、とか報道しているマスコミもあるようだが、外向けには小池百合子氏辺りの見栄えがするタレントが要るのでは?

ここのところ、スキャンダル続きであるから、リオデジャネイロオリンピックの現場に行って、大々的なトラブルがあらわになる人は無理ではないか?
ということで、案外無難なところに落ち着く気がするが、反対の人は断然引き離せる人物を挙げてみては?

原辰徳の女性問題が文春側の勝訴で確定。裁判に強い文春のなぜ

原辰徳 女性問題 暴力団 一億円 読売巨人軍 週刊文春 勝訴.jpeg

画像は"http://goo.gl/GN1hp2"より。

読売巨人軍の原辰徳監督(当時)が女性問題関連で、元暴力団員に1億円支払った記事を週刊文春が掲載した。
読売巨人軍が暴力団員とは知らなかったはずとうそをついたと報じた。
ついて読売巨人軍側が文春を訴えた裁判の判決で、東京高裁は6月19日に、1審の東京地裁判決を支持し、巨人側の控訴を棄却した。

暴力団員と知っていながら金を渡した場合は、野球協約違反となるため巨人側が記者会見にて、虚偽の説明をしたと立証できたわけである。
東京高裁の河野清孝裁判長は「記事の主要で重要な部分は真実であると推認できる」とした。

当然のことながら、読売巨人軍の広報部は「事実誤認の甚だしい不当判決だと考える」とコメント。
週刊文春側は「文春の主張が全て認められた正当な判決」と説明した。


この頃、週刊文春がかなり躍動している感じだが、週刊誌メディアはネットに押されて発行部数が減少しておりかなり苦戦を強いられていると言われている。
特に、報道された側の権利が通りやすくなり、名誉毀損などで訴えられるなど、真実報道のハードルが高くなっている懸念もある。

週刊文春はどうやって対応しているのかというと、記事を書く場面から、場合によっては弁護士に入ってもらうことなどもあるらしい。
訴訟リスクは、週刊誌としてはイメージダウンだけでなく、信頼性の低下をも招き、直接的に発行部数に響くことになる。

しょっちゅう裁判が起きれば、面倒なだけでなくコストがかかり、仕事のスピードも落ちることになる。
敗訴しない仕組みを持つことが、信頼されるメディアということで、直接的に部数増加に繋がることになるようだ。

共産党の藤野保史政策委員長が辞任。『人を殺す予算』発言

藤野保史 共産党 製作委員会 委員長 辞任 人を殺す予算.jpg

画像は"http://goo.gl/mphbJa"より。

藤野保史衆議院議員は当選1回のニューフェイス。
2016年4月政策委員長に抜擢されたばかりだったのである。

2016年6月26日のNHKの討論番組で、防衛予算について『人を殺すための予算』と発言。
共産党関係者も「話がつけた火が広がりすぎて収拾できなくなった」と語っていたという。


2016年度の当初予算で防衛費が5兆円を超えたことを受けての発言がやはり問題だった。
「人を殺すための予算ではなく、人を支え育てる予算を優先していく」と発言した。

26日の夕方には共産党広報部を通じ「不適切発言であり取り消す」と文書で撤回した。
しかし、自民・公明両党からの批判の声が上がった。


安倍晋三首相も「自衛隊に対する最大の侮辱」を演説の中で触れた。
公明党の山口那津男代表も6月28日に「血も涙もない共産党に、人の命や財産を任せる訳にはいかない」と演説。
被災地の熊本県や周辺からも、災害時の自衛隊の貢献に対して賛辞、共産党に対する批判も集中していた。

リオ五輪を観光旅行する都議会の舛添体質。素人の視察は意味無し

東京都議会 リオ五輪 視察団 27人 総額1億円 物見遊山 バカンス旅行 ムダ遣い.jpg

画像は"http://goo.gl/61845b"より。

やはり『舛添体質』が抜けていないようである。
都議会がリオ五輪の視察を全会一致で可決したようでまたまた心配であろう。
何と総勢27人、費用総額が1億円近くに上るというから開いた口がふさがらない。

豪華接待旅行であることは間違いないのである。
一人当たり160万円、宿泊費が1泊15万円という凄さである。
驚くべき舛添体質ではないか?

「舛添死すとも、浪費は死せず」とでも言っておこうか?
あれほど、舛添要一が国民全体から叩かれたのに、ちっともわかっていない、懲りていないのである。
マスコミは都議会のリオ視察団の名簿をいち早く公開してもらいたいものである。

リオデジャネイロオリンピックでは、自民・公明、その上民進までもが視察に加わるという。
しかし、次回の東京オリンピックの参考に、との美名があろうが、オリンピックの注意点など専門家が行って初めてわかることなのではないか?
全くのずぶの素人の都議会議員が行ってみたとて所詮は物見遊山のバカンス旅行。

何の利もないムダ旅行との意見が出るが否定の余地がない。
都議会の舛添体質は既に伝統化してしまったのであろうか?
節税対策など、なんのその、舛添要一が行くはずのところを別の連中が行くのだから、余計にカネがかかることについては同じなのである。
Copyright © ちょっと気になる話 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。