So-net無料ブログ作成

ゴシップ関連のカテゴリ記事一覧

ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。

カテゴリ:ゴシップ関連

ゴシップ関連のカテゴリ記事一覧。ちょっと気になる話、話題のネタになる話を書いてゆきます。
岩埼友宏 冨田真由 懲役14年6ヶ月 刺傷事件 判決 求刑17年 アイドル 女子大生.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/UZJvkB"より。2017年2月22日に、東京地裁立川支部にて、小金井市での女子大学生ストーカー刺傷事件(被害者 冨田真..

記事を読む

塩村文夏 元都議 父親 元市長 産廃処理 2億円 2ch 会社名 備掃社 歴史認識.jpeg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/Q4s1vl"より。塩村文夏(しおむらあやか)議員と言えば、東京都議員時代に晩婚化について質問中に、複数の男性議員から「早..

記事を読む

千葉大医学部 集団暴行事件 藤坂悠司 吉元将也 山田兼輔 増田峰登 顔画像.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/pGIvum"より。千葉大学医学部の学生や研修医らが泥酔状態の女性に暴行を働いて準強制わいせつ容疑で書類送検されていた件で..

記事を読む

岩埼友宏容疑者 裁判 裁判員 男性 事件の説明中 倒れる 休廷.png ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/GNfDcl"より。いやはや、壮絶な状況だったことが、改めてわかる状況である。岩埼友宏容疑者の裁判員裁判の初公判で、被害者..

記事を読む

女医専門 結婚詐欺 開業 もちかける 自動車販売業 イケメン 石田恭介容疑者.png ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/56GFmY"より。ちょっと痛快な事件?と言えば不謹慎なのかもしれないが、珍しい結婚詐欺師が捕まった。女性医師に結婚を持ち..

記事を読む

江角マキコ 不倫疑惑報道 芸能界 突然引退 松井直幸 子供 防衛 平野眞.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/fpS7Qb"より。1月24日にマスコミの前に現れた江角マキコは、同日に発売された"女性自身"の報じた不倫疑惑騒動を敢然と..

記事を読む

狩野英孝; 二股 六股 女性問題 違法ギャンブル 裏スロット 芸能活動 厳しい.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/bqptZl"より。二股から六股、その上今年は淫行騒動と、スキャンダルでもトップを突っ走ってきた感じの狩野英孝。不倫などの..

記事を読む

松本潤 葵つかさ 二股 熱愛 明日香キララ 井上真央 浮気 セフレ サイン会 中止.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/20feaA"より。不倫でも何でもない、単なる浮気だったのだが、何しろ天下のジャニーズ "嵐"の松本潤の件だから簡単ではな..

記事を読む

松本潤 井上真央 二股交際 週刊文春 スクープ 紅白歌合戦 イメージダウン.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/iMa2ok"より。これだけの大スキャンダルに発展するとは...2016年は、実に『ゲス関係』の年だったと言えるのではない..

記事を読む

文芸春秋 文春砲 書けない 作家タブー スキャンダル 敬遠傾向 弱点.jpg ..

ゴシップ関連
画像は"https://goo.gl/yXZkQX"より。2016年は向かうところなし、の印象だった文春砲。芸能人のスキャンダルもやり放題だし、他誌が手が出ない..

記事を読む

冨田真由ストーカー事件で岩埼友宏に懲役14年6ヶ月。

岩埼友宏 冨田真由 懲役14年6ヶ月 刺傷事件 判決 求刑17年 アイドル 女子大生.jpg

画像は"https://goo.gl/UZJvkB"より。

2017年2月22日に、東京地裁立川支部にて、小金井市での女子大学生ストーカー刺傷事件(被害者 冨田真由)の裁判員裁判の公判が開かれた。
岩埼友宏被告(28)の父親が証人尋問に現れて「真面目だが、少し怒りやすいのが欠点。事件は、甘やかしてしまったのが原因かもしれない。親として申し訳ない」
そう語ったようである。

翌23日には、求刑に先立ち、冨田真由本人が被害者の意見陳述に現れた。
さすがに、犯人本人とは事件以来ということもあり、『ついたて』の向こうから直接見られることなく発言した。

「傷のない体を返して欲しい」と涙声で訴え「被告を野放しにしてはいけない」と言ったところで岩埼友宏が大声を張り上げた。
「じゃあ、殺せよ!」

裁判長が、状況を判断して岩埼友宏被告を退廷させる一幕もあった。


下の関連記事にもあるが、この裁判員裁判で、犯行の状況を詳細に説明する場面で裁判員の一人が気分が悪くなり休廷することもあった。
かなり、壮絶なやりとりの末、求刑懲役17年に対し、判決は懲役14年6ヶ月が申し渡された。

< 関連記事 >

裁判員が倒れて休廷。冨田真由さんの事件で被害者の傷の説明中に
岩埼友宏容疑者を精神鑑定へ。結婚したかったと供述している...
岩埼友宏容疑者が女性アイドルに『成人雑誌』を手渡していた!
ツイッターをブロックされ殺意を募らせていた?アイドル襲撃事件
冨田真由、刺されつつ自分で110番通報していた。叫び声もあり。
冨田真由を刺傷した犯人は責任能力ありの精神鑑定結果が出た。


< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

塩村文夏議員の出馬が微妙らしい。産廃処理の父親と元市長がネック

塩村文夏 元都議 父親 元市長 産廃処理 2億円 2ch 会社名 備掃社 歴史認識.jpeg

画像は"https://goo.gl/Q4s1vl"より。

塩村文夏(しおむらあやか)議員と言えば、東京都議員時代に晩婚化について質問中に、複数の男性議員から「早く結婚した方がいいんじゃないか?」「(子供が)埋めないのか」などのヤジが飛ばされて話題を集めていたので有名である。
塩村本議員は都議出馬の際は、みんなの党から出たのだが、2017年は民進党が地元(広島3区)から出馬させようとしているようである。
厳密にいえば、地元の福山は広島7区になるのだが、塩村文夏は知名度も発信力も他の候補を抜いているものがあり、民進党も期待していたようである。

ところが、ここへ来て、ちょっと問題が発生してきているのである。
週刊新潮が報じるところによると、父親の過去の逮捕歴がネックになっているというのである。

塩村文夏の実の父親は、広島県福山市で清掃会社 (株)備掃社を経営していた塩村一である。
塩村一の会社は市の職員を脅迫して仕事を回させていたというのが報道の内容である。
建築の残土を汚土と偽って、要するに産廃のようは扱いにして運搬し、不法な支払いを受けていたのである。

その後、塩村一は市長室にて、当時の市長と助役を怒鳴りつけ、引き続き 備掃社に委託するという念書まで書かせていた。
1999年に強要罪として、有罪が確定している。

共産党系の市会議員が福山市に損害を与えたとして、元市長ほか市の幹部5名、塩村一とその会社を相手の行政訴訟を起こした。
その結果、原告勝利が確定し、被告は遅延損害金など2億円の損害賠償鈞の支払いを命じられているのである。

元市長は、自己破産して支払いを免責され、元助役や助役の相続人からも1億円近くが回収されている。
ところが、塩村一や備掃社については強制執行が2007年に行われたが、回収未納になっているというのである。


両親は離婚になっているが、これも執行を免れるため?諸般の疑惑が渦巻く中、やはり地元広島ではあまりイメージが良くないようなのである。

塩村文夏がテレビに出演して、ゲラゲラ笑っていたりすると「ふざけるな!」という声が地元ではあがっているようなのだ。

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

千葉大学医学部の学生らの集団暴行事件が結局不起訴処分となる。

千葉大医学部 集団暴行事件 藤坂悠司 吉元将也 山田兼輔 増田峰登 顔画像.jpg

画像は"https://goo.gl/pGIvum"より。

千葉大学医学部の学生や研修医らが泥酔状態の女性に暴行を働いて準強制わいせつ容疑で書類送検されていた件で、千葉地裁は2月21日にいずれも不起訴処分とした。
逮捕された関係者が、日本でも有名な法曹関係者の係累者であるなどと評判になっていたが、結局は不起訴処分。
何しろ有名な弁護士一族とかで、示談が成立しているのではないか?などの評判もあった。

この日、準強制津わいせつ容疑で書類送検されていた、千葉市中央区在住の男性医師(29)の不起訴処分が確定した。
また、千葉地検は2月21日に、同容疑で送検されていた、千葉医大学部5年生の吉元将也(23)、山田兼輔(23)の集団強姦罪容疑、および千葉大病院研修医の藤坂悠司(30)らについても不起訴処分を発表した。


吉元将也被告は初公判の際「女性は飲酒したが、抗拒不能(=抵抗できない状態)ではなかった」などと反論。
しかし、第2回公判では、女性が抵抗できない状態であったことを認めた。
犯行は認めるが、山田兼輔被告と共謀していないことは強く主張し、それぞれの単独犯行を主張した。

これは、集団強姦罪ではなく準強姦罪であることを主張する足がかりと見られていた。

また、犯行直前に女性がうなずいたことから合意があるとの主張もあったのだが「誤解だった」と主張を変えてきていた。

また、研修医の藤坂悠司被告は、医学部5年の吉元将也、山田兼輔、増田峰登各容疑者を指導する立場だったが、むしろ飲み会を企画していた。


< 関連記事 >

千葉大医学部5年生 集団暴行事件 千葉大 該当学生名がわからない
千葉大医学部生の集団強姦致傷容疑事件。県警が氏名等を方向転換
千葉大医学部生の集団暴行事件が意外な方向に展開。氏名や顔画像
千葉大3学生の氏名を千葉県警が公表に踏み切る。新たに1人も逮捕

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

裁判員が倒れて休廷。冨田真由さんの事件で被害者の傷の説明中に

岩埼友宏容疑者 裁判 裁判員 男性 事件の説明中 倒れる 休廷.png

画像は"https://goo.gl/GNfDcl"より。

いやはや、壮絶な状況だったことが、改めてわかる状況である。
岩埼友宏容疑者の裁判員裁判の初公判で、被害者の傷を検察側が説明したところ、男性裁判員が倒れる事態が起きた。
これにて、裁判は一時休廷するというハプニングに見舞われた。

岩埼友宏 冨田真由 事件の状況 刺傷事件 女子大生 地下 アイドル.jpg


事件としては、一時的に終わったかに見えるが、当事者にとってはなに一つ終わってはいない...
現在は、懸命にリハビリに取り組む毎日の冨田真由さんが岩埼友宏容疑者の裁判で供述調書でそう述べていた。
一時は法廷と別室を映像・音声でつなぎ、証人尋問を受ける準備さえ整っていたのである。

しかし、事件のフラッシュバックというか、悪夢がよみがえる(心的外傷後ストレス障害)などの影響か、取りやめになった。
代わりに供述調書の中で、本人が語ったという形にて、法廷内に冨田さんの考えが示されることになった。

「事件のせいで、顔に傷が残り、女優業は無理だと思う。
 歌だけは奪われたくないと考え、懸命のリハビリの毎日である。
 とにかく悔しくてたまらない」

とにかく、岩埼友宏容疑者には厳罰を、出所したら、今度こそ殺しに来るのではないかと思う。
ずっと刑務所に入れておいてほしい、と供述した。

< 関連記事 >

岩埼友宏容疑者を精神鑑定へ。結婚したかったと供述している...
岩埼友宏容疑者が女性アイドルに『成人雑誌』を手渡していた!
ツイッターをブロックされ殺意を募らせていた?アイドル襲撃事件
冨田真由、刺されつつ自分で110番通報していた。叫び声もあり。
冨田真由を刺傷した犯人は責任能力ありの精神鑑定結果が出た。

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

女医専門の結婚詐欺師が逮捕された。医師を名乗り開業もちかける

女医専門 結婚詐欺 開業 もちかける 自動車販売業 イケメン 石田恭介容疑者.png

画像は"https://goo.gl/56GFmY"より。

ちょっと痛快な事件?と言えば不謹慎なのかもしれないが、珍しい結婚詐欺師が捕まった。
女性医師に結婚を持ち掛け、なおかつ共同で開業するなどの話にて、総額3500万円近くを詐取したとして犯人が逮捕された。
逮捕されたのは石田恭介容疑者(32)であり、住所不定の自動車販売業の肩書である。

容疑は女性医師名義のキャッシュカードをだまし取ったなどの詐欺容疑である。
石田容疑者は自身の医師免許証を偽造し、精神科医を名乗り、ネットの会員制合コンサイトで知り合った女性医師を狙って結婚詐欺を繰り返していたとみられている。
女医らは、やはり警察に被害届を出しにくい状況にあり、余罪もたくさんあるのでは?と推測されている。

目下2人の女医に対する詐欺行為などで逮捕されているようである。

2016年に結婚を前提に交際していた女性医師の金庫から現金1500万円を窃盗したり、マンション購入目的で2000万円を別の女医から振り込ませたりしている。
インターネットで知り合い交際をはじめ、結婚式もあげているが、婚姻届けは提出していないようである。
これが一人目の容疑である。


また別の女医(20歳台)からは、医師免許証の複写を預かり銀行に提出し、500万円のローン契約にて女医名義のキャッシュカードより引き出した容疑が2件目である。

結婚を前提に「一緒にクリニックを経営しよう」と持ち掛けるのが手口のようである。
精神科医を名乗るのだが、本職は自動車販売業である。
外見上、ちょっぴりイケメンなのが、次々と女医殿が引っかかってしまう理由なのかもしれない...

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

江角マキコの不倫騒動の内情はこうなっている!事件の裏側

江角マキコ 不倫疑惑報道 芸能界 突然引退 松井直幸 子供 防衛 平野眞.jpg

画像は"https://goo.gl/fpS7Qb"より。

1月24日にマスコミの前に現れた江角マキコは、同日に発売された"女性自身"の報じた不倫疑惑騒動を敢然と否定したのである。
「正真正銘、これが最後の仕事になります」と前置きした江角マキコは毅然とした態度で語り出した。

「不倫は絶対にあり得ません。Aさん(不倫相手と報道された人物で一説には松井直幸氏の名前が挙がっている)の奥様から電話で謝罪の言葉ももらっている。」
「『こんな騒ぎになって申し訳ありません』と謝ってもらっています」

なぜ、Aさんと江角マキコが接点ができたかというと、Aさんは投資話を持ちかけたりするので名前が知られており、既に詐欺罪で逮捕もされている。
芸能界では、超一流芸能人の呼び名も高いGackt氏らが、詐欺に引っかかっていたようで、被害者には著名芸能人の名前がずらりと並んでいる。
総額113億円もの巨額投資詐欺事件に発展したのだが、そのときの逮捕者の一人がAさんだったのである。

2014年に江角マキコは長く関わっていた芸能事務所をでて独立し、個人事務所をAさんのビル内に持つようになった。
そして『落書き事件』の後、急速に接近していったとみられている。

江角マキコのマネージャーが起こしたことになっている『落書き事件』以後、仕事はなくなり、周囲から人も離れていったという。
寂しくなった江角マキコに寄り添うようになったのがAさんだったということになる。

2014年の年末に、双方の家が合同でスキー旅行にいったのだが、この旅行がきっかけで現夫の平野眞氏は江角マキコとAさんの関係を疑うようになり、程なく別居。
以降も江角マキコとAさんの関係が続いていたようである。

投資詐欺に引っかかる、云々とは別に、引退までするにはやはりちょっと変な感じであると指摘するのは、芸能レポーターの井上公造氏である。
というのも、金銭トラブルの相手と不倫して、スクープされたのだが、大抵トラブルがあれば代理人を立てるのが普通であるのことである。
女優本人が加害の男性と会ったり接点を持ったりするのはかなり珍しいケースと言わざるを得ない。

また、交渉をするのであれば、女優でなく夫が中心になることが常識的ではないかということになる。
江角マキコが電撃的に引退するのは、この後不倫騒動まで出てきたのでは、子供達の将来に関わることでもあるので、至急の幕引きが必要だったのでは?そんな声も上がっている。
おかしな事件の当事者として名前が残ったら、末代困るというのが、にわかに出てきた引退発言の真意ではないかと言うことである。

ここでドカンと不倫騒動まで持ち上がったら、江角マキコの子供達は生きていけない、学校にも通えない、ということになるだろう。
別居中の夫には、子供が面会できていない、というのも不思議が感じられる状況である。
何としても、緊急回避的に芸能界を引退しなくてはならなかった理由としては、そういうことが推測できなくもない。

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

狩野英孝が芸能活動 絶望的な状況か?違法ギャンブル依存の噂も

狩野英孝; 二股 六股 女性問題 違法ギャンブル 裏スロット 芸能活動 厳しい.jpg

画像は"https://goo.gl/bqptZl"より。

二股から六股、その上今年は淫行騒動と、スキャンダルでもトップを突っ走ってきた感じの狩野英孝。
不倫などのトラブルを遙かに飛び越えてきた狩野英孝だが、今回の未成年交際問題はかなり厳しい感じである。
芸能週刊誌の記者曰く「今度という今度は芸能活動、特にテレビ出演は厳しい状況」とのことである。

さすがに未成年淫行となれば、慰謝料や示談料などで必死の防衛状況とは思えども、今後は地上波での仕事は難しい流れのようだ。
スポンサーがさすがに集まりにくい状況であるようで、気の毒だが不徳の致すところというべきところらしい。

所属事務所も徹底的に神経を使い、何度も注意を喚起してきているところだったとは思うのだが、違法ギャンブルにも手を染めていた疑惑があるなど...
2016年のバドミントン界を震撼させた『違法カジノ』問題が有名だが、狩野英孝も違法ギャンブルに手を染めてきた情報がある。
違法カジノ問題でもそうだったが、違法店は他の常連客、店員などを含めた目撃証言が上がるとたちまちアウトとなってしまう。

違法スロットというのが、現在言われている非合法のギャンブル店であり、既に撤去されているパチスロの4号機などを用いているようだ。
店としては、撤去が済んでいるパチスロ台なら実質的にタダ同然で入手できるし、場所さえ確保できれば簡単に運営が可能だ。
有名人も関わっている可能性が高い『裏スロット』だが、やはり違法であり、暴力団など反社会的組織の資金源になりやすい。

合法カジノが出てくれば、有名人でも市中の一般人でもおおっぴらに参加できるのだが...問題の根は深いようである。

   < スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

松本潤の二股交際相手の葵つかさがサイン会を中止したらしい。

松本潤 葵つかさ 二股 熱愛 明日香キララ 井上真央 浮気 セフレ サイン会 中止.jpg

画像は"https://goo.gl/20feaA"より。

不倫でも何でもない、単なる浮気だったのだが、何しろ天下のジャニーズ "嵐"の松本潤の件だから簡単ではないのである。
そして発覚の原因というのが、どうやら仲間からのリークではないか?との説もある。

葵つかさは2015年の10月からテレビ東京系の『恵比寿マスカッツ』に出演している。
これは深夜のバラエティなのだが、セクシー女優とは聞こえがよいが、要するに元AV女優ということらしい。

そして、2016年の4月28日の放送回がちょっと問題だったようなのである。
要するに、番組の罰ゲーム的に、明日香キララが相手の秘密を暴露してしまうコーナーがあったのである。
ここで、葵つかさが明日香キララに言われた言葉というのが

「お前も毎晩芸能人とキメこんどるよな!」というもの。

これで絶句してしまった葵つかさだったが、目ざとい芸能記者がこんなネタを放置するわけがない。
この辺りが出所になり、松本潤の二股騒動に発展した可能性もあるというのである。

葵つかさだが、どうも友人からの取材ということでかなりの情報がネット上にも流れているようである。
しかし、松本潤のファンやジャニーズ事務所としても、ちょっと見逃せない話であり、葵つかさのサイン会が中止になることに。
葵つかさの所属事務所社長いわく「とてもサイン会ができる精神状態ではない」とのことだ。

何しろ、こんな特ダネなのに、どこのワイドショーも手が出せないのである。
ジャニーズ事務所のプレッシャーがどれほどすごいか思い知らされるわけである。

    < スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

松本潤の紅白曲『One Love』に失笑の"嵐"。ナイス文春砲絶賛の声

松本潤 井上真央 二股交際 週刊文春 スクープ 紅白歌合戦 イメージダウン.jpg

画像は"https://goo.gl/iMa2ok"より。

これだけの大スキャンダルに発展するとは...2016年は、実に『ゲス関係』の年だったと言えるのではないか?
『One Love』は、井上真央の主演した映画『花より男子 ファイナル』の主題曲であったのである。
それを松本潤を含む"嵐"が熱唱して、2016年の歌い納めとなるはずだったのである。

松本潤-井上真央の良い雰囲気から2016年の締めくくり...
そうなるはずだったのだが、それを見越したかのような、絶妙のタイミングで文春砲が炸裂し、完璧にぶちこわしとなってしまった。
そのせいではないとは思うのだが、司会の有村架純が「白組の勝ち」と早合点するほどの出来だったのに、蓋を開けてみたら紅組の勝利。

この敗北は、少なからず"嵐"のせい、とまで書かれても、反論しにくいのではないかと思うが...
あのスクープの後に「百年先も愛を誓うよ」とのセリフでは、やはりシラける視聴者も多かったのではなかったかと考えてしまうのである。
井上真央の心情も考えたりすると、ちょっとどころか、現在の"嵐"がかなりマズい状況にあるのは間違いない。

SMAPなき後は、"嵐"が引き継ぐ!、そんなジャニーズ事務所の思惑もむなしく、かなりイメージをダウンしてしまったのは否めない。
現在、ジャニーズ事務所の厳しい『報道管制』により、週刊文春の第一報以降は、報道がかなり制限されているらしい、松本潤問題。
ファンも夢を追いかけているわけであるから、その夢を木っ端みじんに打ち砕くようなスキャンダルは何とか避けて貰いたいものだが。

こちらもぜひ!

松本潤!キミに一言言いたいことがある!ファンの心情考えろ!
http://chottokininarus.blog.so-net.ne.jp/2016-12-30

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

週刊文春でも書けないものといったら?実は石原都知事の話も...

文芸春秋 文春砲 書けない 作家タブー スキャンダル 敬遠傾向 弱点.jpg

画像は"https://goo.gl/yXZkQX"より。

2016年は向かうところなし、の印象だった文春砲。
芸能人のスキャンダルもやり放題だし、他誌が手が出ないと言われているジャニーズ事務所関連も一刀両断だった。

スクープは、徐々に文春に集まりつつある印象だが、それはなぜなのだろうか?
文春が、やはりスタッフ数を誇り、取材費を含めた取材力があるから、ということだろうか?

裏取りと呼ばれる、取材経費についても、記事を否定する取材に対しても出費を惜しまない。
その結果として、信頼性が高い記事作りにつながるというわけである。

また、記者の質も優秀であり、他誌でできなかったこと、書けなくて悔しかった思いがある腕利きが集まってくるのも強みである。
取材に対して金を要求する相手には、払わない、という美風もあるようだ。
金をもらって記事を提供してもらうと、結局金に縛られて書けないこともできてしまうからである。


文春が唯一書けない、手が出ない領域がある。
それは『作家タブー』と呼ばれる、作家のスキャンダルに関するものである。
文芸春秋は、作家が作品を発表する場所だけに、作家の秘密・スキャンダルは書けない傾向が強いというのである。

石原慎太郎都知事も、知事時代は舛添要一どころではない、浪費などがあったと言われている。
しかし、作家でもある石原慎太郎だけに、文春は黙っていたといわれているのである。

< スポンサードリンク >

 カテゴリ

 タグ

Copyright © ちょっと気になる話 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。